このブログでご紹介しているロゴのデザインは、弊社の制作実績では無いものも含まれています。
著作権はそれぞれの企業様、サービス、ブランドに帰属します。

気をつけたいコスト意識の差

「あなたが得をする!ロゴ作成の上手な依頼の仕方」の5回目です。
ロゴ作成を依頼する際、その相手はフリーランスのデザイナーである可能性が大いに有ると言えます。ロゴ作成を直接依頼する場合は、そういうフリーランスの人たちとの付き合い方が重要になってきます。
しかし、フリーランスとサラリーマンの間には、どうしても意識の差が生じてしまうようです。

最近、とあるフリーランスの写真家が自身のブログで「サラリーマンとフリーランスの間における、コスト意識の差」について、その思いを綴っていました。
その要点は、以下の通りです。

・サラリーマンは基本的に移動費などが支給されるが、フリーランスの人間はそうはいかない。気軽に「打ち合わせに来てください」と言われると、経費意識の差を感じる。何度も足を運ぶ羽目になると、最悪の場合、報酬分ほどの交通費になってしまう場合も。
・サラリーマンは会社で決められた「時間=給料」の構図に従っているので、時間のコスト意識が無い。フリーランスの場合は自分の時間を売って仕事をしている。にもかかわらず、サラリーマンである依頼主からは仕事の前段階の打診のような形で報酬の発生しない仕事を要求される。それにより他の仕事をする機会も奪われてしまう。

これは、あくまで一個人の主張ですが、フリーランスのデザイナーと仕事をする時など、なかなか参考になる意見と言えるのではないでしょうか?
仕事に対するスタンスの違いから生じる意識の差というのは、気をつけておきたいものですね。

一生モノになるかもしれない

大切なロゴ、プロのデザイナーに

依頼しませんか?